NHK 関西クローズアップ 「揺らぐ救急・医療現場に密着」

15日に関西地方で放送されたNHK「関西クローズアップ」 「揺らぐ救急・医療現場に密着」で、「県立柏原病院の小児科を守る会」が紹介されました。 内容が少し分かったのでご紹介します。

最後に残った2人の小児科医のうち、1人が辞める決意をしました。小児科がなくなると、産科も続けられなくなります。新聞を読んだ地元のお母さん方が、産科と小児科の存続の危機を知り、「県立柏原病院の小児科を守る会」を設立しました。
様々な活動を通じて、コンビニ受診を控えるよう地元の人に呼びかけたところ、小児科の救急外来患者数が半分に減りました。今、小児科が存続したおかげで、産科も続いています。

また、こちらの「かかり方チャート」が紹介されました。
(全部で5ページありますが、下は1ページだけです。)

チャート(1)  
http://mamorusyounika.com/chart1.pdf

「守る会の歩み」
平成19年10月3日 「かかり方チャート」で適切な受診を!
http://mamorusyounika.com/ayumi.html

子どもの病状に沿ってチャート図をたどると、適切な対処法に行き着く「早見表」です。病院へかかる目安になります。「発熱」 「せきが出る」 「吐いた」 「下痢」 「いつもとようすが違う」 の5症状について、 「様子を見る」 「かかりつけの医院を受診」 「大至急受診 (救急車を呼ぶ)」 などに導かれます。それでも迷った時に相談できる電話番号も書いてあります。

チャート図を監修した先生の言葉
「時間外の受診が、かなり減った。」
「全くの素人のお母さん達が受診を規制するのだから、抑制し過ぎたら危険。事故がないようにすることも、同時に重要。」

それから、患者さんの先生への感謝の言葉を集めた寄せ書きが紹介されました。

県立柏原病院の小児科を守る会HP
http://mamorusyounika.com/index.html

兵庫県立柏原病院HP
http://www.kaibara-hp.jp/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • いい加減な命名をしてくれて。。。「名ばかり救急」

    Excerpt: 先週は「救急存亡」シリーズで一躍名を上げた朝日新聞。今回の記事で「名ばかり救急」という呼び名を作ってくれた。2月16日(関西版)の記事である。しかしこの記事がトップ面に来ているところから、朝日としては.. Weblog: 3番目の落書き帳 racked: 2008-02-16 12:00