お知らせ

パソコンが故障したので、長期間更新をお休みします。 メッセージ、トラックバックの確認もほとんどできなくなります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メモ

6月22日  ETV特集「医療事故 どう減らすのか~新しい“安全システム”への模索~」 今、日本では年間5万人が医療事故で死期を早めているといわれる。 かつては白い巨塔の中で埋もれてきた医療事故。しかしこの10年、事故が公に報道され始め、次第にその実情が明らかになってきている。それは、医療事故の大半が手術などの専門的な技術の問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福田さんはC型肝炎に感染して、私は感染しなかったけど、私も感染する可能性があったと思う。もし、今私が感染していることが分かっても、治療費の助成がなければ、今の私の経済力ではインターフェロン治療は出来ない。インターフェロンが効かなかった後の治療もできない。 どんな病気の患者も必要な治療を受けられるような国にしたい。この気持ちは、弁護…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

はっきり宣言してみる

私がしていることは、ちいさい、ちーーーさいことだけど、絶対に、つまらないことじゃない。 とても大事なことをしていると思う。 他の意見を言うついでに、ちょっと紹介だけされて、流されるような、軽い、いいかげんな扱いをされるようなことじゃない。 そんな、つまらないことじゃない。 とても、とても大事なことだ。 HP ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「救急外来を大事に使おう。」

頂いたお返事に、「これが理由か」と思ったところがあった。 >私は幸い救急外来の利用に追い込まれたことはないのですが、どうしたら広まるのでしょう。 救急外来の利用に追い込まれたことがないし、これからもそうなる可能性がなさそうだし、自分とは関係ないし、他の多くの人もきっとそうだから、呼びかけても意味がない、ということだと思う。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「救急外来を上手に利用しよう。」

とみんぐ様のコメントを読ませて頂いた時は、「もしかして、わざとじゃないか。みんなしてグルで、はぐらかそうとしてるんじゃないだろうか。」という妄想が頭をよぎった。(^▽^) そんな妄想が浮かんでくるぐらい、どうしてこうなるんだろう、と思うようなコメントばかりだと思った。 本当に、わざと皆してはぐらかしてるんじゃないかと思った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肝炎の問題と「コンビニ受診」の問題

弁護団が、多くの患者さんに騒いで欲しい、声をあげてもらいたいと思ったのは本当だと思います。 騒ぐ、声をあげるというのは、国に対して救済を求めて欲しいということだろうと思います。 弁護団を批判するような意見は、もしかすると嫌がるかも知れないと思います。 多くの人に関心を持ってもらって、政治家が無視できなくなる状態にする、というの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

弁護団は何を考えているのか その2

テレビや新聞では分からない、色々なことがあったのだと思います。 私は、『薬害C型肝炎女たちの闘い―国が屈伏した日』を読んでいませんが、患者だけじゃなくて、様々な立場の人が関わっていったんだな、と思います。そして、弁護士と患者、原告と原告以外の患者、医師と原告以外の患者、色々な立場の人と人の間で、色々な禍根を残したんだな、と思います…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

弁護団は何を考えているのか

もしかすると、1000人の方が受け取るお金を、350万人のために使うということにすると、官僚や政治家が、「じゃあ、それでいいじゃないか。これ以上のお金は必要ないだろう。」と言うからだろうか…と想像します。 1000人が受け取るお金は、一人一人は金額が大きいけれど、350万人のために使おうとすると、全然足りないんじゃないかと思います。だ…
コメント:0

続きを読むread more

B型肝炎のワクチン

実習前の医学生や看護学生などに接種するためのワクチンが不足しているそうです。 2008年6月5日 朝日新聞 (魚拓) http://s02.megalodon.jp/2008-0607-2155-06/www.asahi.com/life/update/0604/OSK200806040001.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの人は今…。

歯の神経の治療は、すごく手間と時間がかかるし、豊かな経験と技術が必要なのに、ほとんどお金にならないから嫌われるそうだ。 必要な治療なのに、報酬が十分でないこともあるし、逆に、必ずしも必要じゃない部分でお金がかかってしまっていることがあると思う。どんなことに対して、いくらのお金がかかるのが妥当なのか、こちらの議論を期待していました。…

続きを読むread more

大豪寺さんへ

私の記事がお気に召さないなら、読んで頂かなくても大丈夫だと、以前お話ししたはずですが。 お久しぶりです。苦労されていますね。人の考え方を変えるというのはなるほど簡単にはいかないと思います。 ①医師の収入が一般的に多いというのは半分は当たっていますが、半分は誤解されている部分となってますね。ちなみに開業医が濡れ手に粟のボロ儲けという…
コメント:0

続きを読むread more

あき様へ

あき様、コメント有難うございます。また来てくださるのを待っていました。 おっしゃる通りだと思います。コメントを頂かなければ、あき様のような方のお気持ちを直接感じることができません。あき様のコメントは、貴重なものです。どうぞ遠慮なさらないで、いつでも書き込んでください。いつでも歓迎しています。 弁護団と原告団に対するあき様のお気持…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

「地域の医療を守るのは誰か~夕張・医療再生二年目の課題~」

NHK ETV特集 「地域の医療を守るのは誰か~夕張・医療再生二年目の課題~」 夕張の医師が、羅臼町の住民の集まりで話した話がとてもよかった。 (うろおぼえ) 医師 「給料の問題だけじゃない。志のある医師がいる。」 「お金の問題で言えば、前に羅臼の病院を辞めた医師ひとり分のお給料で、夕張の医師ふたり分払ってもおつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コンビニ受診」

こちらで勉強させて頂いています。 あまりおじゃましたらいけない、と思うんですが、私にとって、とても勉強になるのでついおじゃましてしまいます。 すみません。(^^;) こどもの医療費無料化は「小児科医の使いつぶし」!?~木下敏之前市長の見解 http://akikoy.at.webry.info/200805/article…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

一般対策

NHKの番組で、鈴木弁護士が紹介された。 プロフェッショナル 仕事の流儀 http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/080520/index.html (再放送は5月26日(月)の夜、27日(火)の午前1:10~) 今どんな状況なのか少しだけ分かった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「安らかな最期を迎えるために~尊厳死を考える~」

5月18日 NHK ETV特集「安らかな最期を迎えるために~尊厳死を考える~」 ALSの患者さんを初めて見た。 子供の時に交通事故に遭ってから13年間延命治療で生きている植物状態の患者が紹介された。両親が、今でも税金を使うことが申し訳ないという気持ちで、周囲からも何となくそんな雰囲気を感じることがあるのに、尊厳死が法整備…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぐち。

残念だけど、下のブログもHPも、期待したほど上手くいかなかった。 ブログ http://ameblo.jp/icedyuzutea/ HP http://icedyuzutea.web.fc2.com/ 思ったよりたくさんの方に読んでもらえたし、「ここを読んで初めて問題を知った」という方が数人いらっしゃって、そのこ…
コメント:17

続きを読むread more

「肝炎訴訟に関する雑考」

こちらのブログを読ませて頂きました。 勉強になりました。 ありがとうございます。 m(_ _)m <いい国作ろう!「怒りのぶろぐ」> (下の他にも関連の記事がありますが、記事にあるリンクから見つかります。) 肝炎訴訟に関する雑考~1 http://blog.goo.ne.jp/critic11110/e/3…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一般対策について 肝炎 (+追記あり)

私は患者でも、医療関係者でもありませんが、昨年10月に初めて「薬害C型肝炎訴訟」を知ってから肝炎の問題に関心を持っています。 私は、原告弁護団の希望通りに和解が成立することを望んでいました。350万の患者の救済につながると思っていたからです。 1月に特措法は成立しましたが、一般対策はいつ行われるのか分かりません。4月からイン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

B型肝炎の場合、インターフェロン治療への医療費助成だけでは不十分 ②

特に、答弁の三十についてが驚きました。 <川上ひろしの『肝炎なんかぶっとばせ!』> もう誤魔化しは通用しないという事ですよ厚労省 B型肝炎訴訟 http://blog.livedoor.jp/hkkawa3535/archives/51017957.html (管理人様、お世話になります。) 薬害肝炎被害者対策等に関…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

B型肝炎の場合、インターフェロン治療への医療費助成だけでは不十分 ①

いつもお世話になっているいくつかのブログでも読ませて頂きましたが、今日、朝日新聞にも記事がでました。 2008年2月24日 朝日新聞 B型肝炎訴訟、全国へ 500人超、国に賠償請求  最高裁が国の責任を認めたB型肝炎訴訟の弁護団は23日、今年3月から全国各地で新たな集団訴訟を起こすことを決めた。現時点で札幌、福岡、広島…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

有難くて、申し訳なくて、恥ずかしいです

去年10月に、新聞記事で「薬害C型肝炎訴訟」を知ってから、関係のある色々な事を少しずつ勉強しています。 今は、それぞれの地方の肝炎対策がどのようなものなのか知って、国の一般対策はどのようなものが良いのか考えたいと思っています。 ここは、ほとんどの記事の参照数がひとケタの、訪れる方の少ないブログですが、最近、3人の患者さんがコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何か違う

何か違うと思う。 <医療事故市民オンブズマン・メディオ> 福島県立大野病院事件に関するコメント http://homepage3.nifty.com/medio/info/fukushima-onobyoin.htm ~妊産婦死亡を回避するためには、医師個人の努力では限界があり、医療システムの改善が不可欠であることは、10…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

素人ブログのあり方 birds-eyeさんへ

私は誤りを認める姿勢をきちんと持っているだろうか、と思います。 <白鳥一声> 素人ブログのあり方 http://8910-1000.at.webry.info/200802/article_15.html birds-eyeさんへ。 もし、私の姿勢が曲がっていると少しでも感じることがあったら、どうか遠慮なく指摘して…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

福島大野病院事件2.18キャンペーン(*訂正あります)

我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します これは、「福島大野病院事件2.18キャンペーン」に参加する記事です。 <新小児科医のつぶやき>  『今年も2.18企画』  http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20080207 以前からこのキャンペーンについて知っていました…
トラックバック:8
コメント:5

続きを読むread more

対立から対話へ ADR(裁判外紛争処理)について

難しそうなことだと思う。 でも、医療の崩壊を望む人はいないはずだし、「自分の子供が、どんなふうに死んだのか知りたい」という遺族の気持ちを、「死を受け入れて」と言って押さえ続けることが良いことだと思えない。 数日前にNHK9時のニュースでADR(裁判外紛争処理)について取り上げていました。 医療事故で娘を失った父親がインタビュー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

北海道の肝炎対策について勉強 ①

みなさま、コメントを頂きありがとうございます。m(_ _)m 薬害エイズの構造 http://39774186.at.webry.info/200801/article_41.html 道内の一肝炎患者さま ウイルス性肝炎は、今でも患者が多く治療法も研究されてきており、新たに国が治療研究費を投入しても効果が期待でき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

NHK 関西クローズアップ 「揺らぐ救急・医療現場に密着」

15日に関西地方で放送されたNHK「関西クローズアップ」 「揺らぐ救急・医療現場に密着」で、「県立柏原病院の小児科を守る会」が紹介されました。 内容が少し分かったのでご紹介します。 最後に残った2人の小児科医のうち、1人が辞める決意をしました。小児科がなくなると、産科も続けられなくなります。新聞を読んだ地元のお母さん方が、産科と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

さまざまな記事

>それでも、一つの新聞社には複数の記者がおり、それぞれの立場と考えを持っていると思います。僕は、全体としての新聞社の評価とは別に個別の記事を評価することは、読者の立場からよりよい報道を求める上で有益だと考えます。 <白鳥一声> 「ときには良い医療報道もあります 」 http://8910-1000.at.webry.info/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西にお住まいのみなさまへ

14日午後8時からのNHK教育テレビ 「福祉ネットワーク」 で、 県立柏原病院の小児科を守る会が紹介されました。 見逃した・゚・(ノД`;)・゚ 関西のお住まいのみなさん! 15日午後7時30分からNHK総合テレビ 「関西クローズアップ」 で、 県立柏原病院の小児科を守る会の取り組みが紹介されます。 番組名は、 「危機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病気と差別

あき様、勉強させて頂きます。 <白鳥一声> 薬害肝炎まとめ 追記1.「推定350万」肝炎被害の重さ http://8910-1000.at.webry.info/200802/article_7.html あき様 躁鬱については 私自身は C型肝炎がわかった時になり 今は診療内科には直接関わってはいませんが、今でも別…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

裁判とは何か

『現代思想』2008年2月号 特集…医療崩壊 p120-142 「告発の流儀 医療と患者の間」 インタビュー 山田真(小児科医)/立岩真也(聞き手) 北村さんに教えて頂いた、p127-129を読みました。 北村さん、本当に有難うございます。  m(_ _)m p128 上段 ~スモンの裁判を最後までやった古賀照男さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大豪寺様からのコメントについて

大豪寺様からコメントを頂きました。  m(_ _)m 有難うございます。 大豪寺様 アイスゆずさん、こんにちは。差し出がましいようですが、あまり全体的な状況が分からない段階で決めつけたようなブログは書かない方がよろしいかと思います。もう少し色んな方面から情報を固めないとその真実は分かりません。他の方に迷惑をかけることになる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハッピーホワイトデー

ホワイトデーの夜に、ミエはって更新をサボッたりしません。 まだ、遅くないですよっ まだ、バレンタインのお返しは受け付けてます。 この際、3倍でなくてもいいですっ 2008年3月14日 「たらい回しという言葉を使う」ということと、「実際に患者が受け入れられなくて治療が遅れる」ということと、どちら…
コメント:2

続きを読むread more

「モンスター」に化ける

こちらのお医者さまのブログで、お話しさせて頂きました。 <ある町医者の診療日記> 当院も「たらいまわし」 http://blog.hashimoto-clinic.jp/200801/article_8.html とても勉強になりました。 有難うございます。  m(_ _)m 勉強することで、私自身、「モン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「戦略の失敗」について

『現代思想』2008年2月号 特集=医療崩壊 「C型肝炎特別措置法の功罪」を読ませて頂いて、たくさんのことを勉強させて頂いています。毎日読んでいます。 考えている部分がたくさんあるのですが、初めて読んだ時から今までずっと、一番気になっている部分は、「原告団・弁護団の戦略の失敗」です。 そして、下のコメントを読ませて頂いて、考…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

「薬害エイズの構造」について

北村さん コメントを頂き、光栄です。 こっそり、birds-eyeさんをうらやましがっていました。うれしいです。 ありがとうございます。 m(_ _)m 薬害エイズの構造 http://39774186.at.webry.info/200801/article_41.html 参議院議員 川田龍平HP ※参考図…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療従事者の皆様へ 「薬害肝炎問題」について

医療従事者の皆様に、「薬害肝炎問題」について、ぜひ知って頂きたいことがあります。あき様という方がいらっしゃいます。あき様はC型肝炎の患者さんですが、投薬を証明できないので、先日成立した特別措置法で救済されません。 あき様は、自分は一円も補償されないのに、「補償されるのでしょう、良かったね」と声をかけられるので、とても傷つくとおっし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あき様へ

私、アイスゆずは、「薬害肝炎問題」にとても関心があり、何度も<白鳥一声>の管理人様に議論をしかけました。そちらの管理人様は、私の問いかけに答えて下さっただけなのです。また、そちらの管理人様は、以前から今回の和解について問題を指摘しておられ、もっと広く多くの患者が救済される方法を取るべきだったとおっしゃっていました。私の方が、「今回の和解…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

医師は出産、育児をするなってこと?

驚きました。何度読み返しても、信じられません。 そんなバカなことって、あるだろうか。 <女医あずさの想い…あなたに届きますように。> 出たあ! http://ameblo.jp/azusa2008/entry-10070516091.html これが実現すれば産科と小児科の先生は確実に減ります。 安心して出産も育児もでき…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

『現代思想』2008年2月号 特集…医療崩壊 「C型肝炎特別措置法の功罪」

買ってよかった! kusukusuさん、ありがとう。 まっさきに「C型肝炎特別措置法の功罪」を開いたら、5ページだったので正直最初はちょっとがっかりしましたが、読んでみて、本当に良かったです。 とても勉強になりました。 m(_ _)m 『現代思想』2008年2月号 P143~P147 特集=医療崩壊 「C型肝炎特別措置…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

満場一致 誰も反対しない怖さ

そういえば不気味かな…国民性かな、と思いました。 皆様、ありがとうございます。 となりのこぱんだ 明日からアメリカ  [生活]   http://blog.so-net.ne.jp/aki/2008-01-12 先日は議会で,満場一致で法案が可決.. 満場一致?誰も反対しないの? 白鳥一声 給油新法&薬害…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

「裁判所で判断」の理由

2007年12月26日 毎日新聞 大阪HIV訴訟原告団代表で全国薬害被害者団体連絡協議会代表世話人の花井十伍さんの話 法案に国の責任が盛り込まれるのは当然。裁判所の判断で和解金を受け取る方式は薬害エイズ訴訟と同じで、被害を訴える一人一人に主張の機会が与えられ、事実関係をはっきりさせることができる。水俣病訴訟で被害者切り捨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうすぐ救急車が走らなくなる

いつも読ませて頂いているブログで、医師の転職に関するトラックバックを見つけて読ませて頂きました。 元刑事の独り言 薬害C型肝炎訴訟~薬の認可業務の謎 http://56743648.at.webry.info/200712/article_6.html (管理人さま、お世話になります。m(_ _)m ) 医師の転職.…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ふたつの苦労

両方の苦労が報われるようにしたい。 多くの肝炎患者を救おうとしている方の苦労と、薬害の根を絶とうとしている方の苦労と、両方の苦労が報われるようにしたい。 2007年12月26日 イザ! http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/112177/ 薬害肝炎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more