テーマ:社会

B型肝炎の場合、インターフェロン治療への医療費助成だけでは不十分 ②

特に、答弁の三十についてが驚きました。 <川上ひろしの『肝炎なんかぶっとばせ!』> もう誤魔化しは通用しないという事ですよ厚労省 B型肝炎訴訟 http://blog.livedoor.jp/hkkawa3535/archives/51017957.html (管理人様、お世話になります。) 薬害肝炎被害者対策等に関…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福島大野病院事件2.18キャンペーン(*訂正あります)

我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します これは、「福島大野病院事件2.18キャンペーン」に参加する記事です。 <新小児科医のつぶやき>  『今年も2.18企画』  http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20080207 以前からこのキャンペーンについて知っていました…
トラックバック:8
コメント:5

続きを読むread more

対立から対話へ ADR(裁判外紛争処理)について

難しそうなことだと思う。 でも、医療の崩壊を望む人はいないはずだし、「自分の子供が、どんなふうに死んだのか知りたい」という遺族の気持ちを、「死を受け入れて」と言って押さえ続けることが良いことだと思えない。 数日前にNHK9時のニュースでADR(裁判外紛争処理)について取り上げていました。 医療事故で娘を失った父親がインタビュー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

救命士が瀕死の患者に点滴できるようにして!

救急救命士ができる医療行為に「静脈路確保(点滴)」がありますが、心肺停止状態の患者さんにしか認められてません。 心臓が動いている瀕死の状態の患者さんにも点滴が出来るようにしてほしい! というご意見をナースマン(看護師)の方のブログで読ませて頂きました。 <気ままに日記> 救命士に瀕死の状態にある患者さんへの点滴を認めて!…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more