誰に投票する?

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島大野病院事件2.18キャンペーン(*訂正あります)

<<   作成日時 : 2008/02/18 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 5

我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します

これは、「福島大野病院事件2.18キャンペーン」に参加する記事です。

<新小児科医のつぶやき>
 『今年も2.18企画』 
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20080207

以前からこのキャンペーンについて知っていましたが、参加を迷っていました。

<白鳥一声>
産科医不当逮捕・立件事件への抗議行動
http://8910-1000.at.webry.info/200802/article_16.html
 なぜ、医師が刑事責任を問われてはならないのでしょうか?

 それは、患者の死で業務上過失致死罪を問われるならば、医師という職業を合法的に行うことはできないからです。
 医療は不確実であり、必ず死と向き合う職業です。
 そして、その医療行為の妥当性は、同業である医師にしか判断できません。
 さらに、ある時点での医療行為の是非を、結果論で論じるのは危険です。


おっしゃる通りだと思います。でも、キャンペーンに参加することは、原告遺族(*)の方に対して不公平じゃないかと思っていました。

しかし、そもそも原告遺族(*)は何を望んでいるのでしょうか。

医療事故等に関する患者支援法案の提案
http://expres.umin.jp/files/genba/taian071111.pdf
3ページ目 患者側の願い

向き合って誠意ある対応をしてほしい
真相を知りたい
2度と起こらないようにしてほしい
適正な金銭賠償


どの患者、どの遺族でも同じことだと思います。
そして裁判に勝っても有罪になっても金銭賠償を受けるだけで(*)「向き合って誠意ある対応」「真相を知りたい」という希望は叶いません。
「2度と起こらないように」はなるかもしれませんが、そうすると、それと同じ事故を避けるためだけに、医師が十分な治療を行えず、将来の患者さんの命に関わるかも知れません。
それは、原告遺族(*)が望むことだと思えません。

「向き合って誠意ある対応」「真相を知りたい」は、ADR(裁判外紛争処理)のような方法を使うことで、叶えられるのではないかと思います。ADR(裁判外紛争処理)について少し勉強しました。

対立から対話へ ADR(裁判外紛争処理)について
http://39774186.at.webry.info/200802/article_24.html

専門知識をもつ中立の第三者に立ち会ってもらって、当事者同士が話し合う制度です。

この福島大野病院事件について、ADRが使えるのかどうか分かりませんが、皆で知恵を合わせて、何か裁判以外の方法を使って解決に向かうのが良いと思います。

こういうわけで、私はこのキャンペーンに参加することに決めました。

私がこのキャンペーンに参加する一番大きい理由は、医療の崩壊を止めたいからです。
医療の崩壊を止めるには、下の3つの心がけを守るように呼びかけることも、ひとつの方法だと思います。

 1. コンビニ受診を控えよう
 2. かかりつけ医を持とう
 3. お医者さんに感謝の気持ちを伝えよう


*訂正

私が書いた文章の中に、間違って「遺族」を「原告」と書いてしまったところがあったことに気がついたので、訂正しました。
すみません。 m(_ _)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[忘れない・・・]2.18企画 我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します
 今日は二年前の「福島県大野病院の産科医の不当逮捕」の日であります。産科医として正しい治療を行ったのに、刑事事件として書類送検ではなく逮捕され不当な取調べを受け、その病院から産科診療を停止させた福島県警の事件です。  テレビカメラを呼んでの医師の逮捕劇はあきらかに「異常」でした(誰がテレビカメラを呼んだのかは知りませんが、マスコミは喜んで取り上げましたね)。これは海外ではありえません、日本はこの件だけで、法治国家ではなく「法痴」国家です。医療ミスがあったら民事訴訟となるのは仕方ありませんが、今回... ...続きを見る
東京日和@元勤務医の日々
2008/02/18 07:01
[忘れない・・・]2.18企画 我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します
 今日は二年前の「福島県大野病院の産科医の不当逮捕」の日であります。産科医として正しい治療を行ったのに、刑事事件として書類送検ではなく逮捕され不当な取調べを受け、その病院から産科診療を停止させた福島県警の事件です。 テレビカメラを呼んでの医師の逮捕劇はあきらかに「異常」でした(誰がテレビカメラを呼んだのかは知りませんが、マスコミは喜んで取り上げましたね)。これは海外ではありえません、日本はこの件だけで、法治国家ではなく「法痴」国家です。医療ミスがあったら民事訴訟となるのは仕方ありませんが、今回は... ...続きを見る
東京日和@元勤務医の日々
2008/02/18 07:02
もう2年になります。
福島県立大野病院産科医が逮捕されてからもう2年になります。 ...続きを見る
患者と医者をつなぐもの〜よっしぃの独り言
2008/02/18 09:14
もう、2年になります
福島県立大野病院産科医が逮捕されてからもう2年になります。まずは、亡くなった産婦さんに、心から哀悼の意を捧げます。大まかな流れは、福島県立大野病院産科医逮捕事件を参照ください。そして、なな先生のこの... ...続きを見る
よっしぃの独り言
2008/02/18 09:16
産科医不当逮捕・立件事件への抗議行動
我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医師の無罪を信じ支援します ...続きを見る
白鳥一声
2008/02/18 23:42
医者は逮捕し放題!?
 福島大野病院事件2.18キャンペーン巡りをしていたら、こんな衝撃的なご指摘がありました。  僕がいつもお世話になっている、「がんになっても、あわてない」さんの記事を紹介させて頂きます。 ...続きを見る
白鳥一声
2008/02/19 00:00
福島大野病院事件から2年
『我々は福島大野病院事件で逮捕された 産婦人科医師の無罪を信じ支援します。 』 ...続きを見る
健康、病気なし、医者いらず
2008/02/21 23:55
不適切な医療行為について、医師の方が考えること
刑事罰を用いないというなら、 医師をどう取り締まるのか? ...続きを見る
白鳥一声
2008/03/02 20:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
今回の問題は、民事でなくて刑事事件ですよ。また、業務上過失があるとすると病院、福島県にあると思います。県立で労災認定病院でありながら、一人の医師に大切な医療を任せきっていたのです。福島県が責任逃れに県警に圧力をかけて逮捕させたのではないかと、邪推したくなるような出来事かなと思います。
一般人
2008/02/18 21:12
一般人さん
そうですね。おっしゃる通りです。
一般人さんは、賛同してくださいますか?
アイスゆず
2008/02/18 21:15
事件によって診療行為から離れざるをえなくなり、また訴訟を継続するだけで多大な犠牲を強いられているこの産婦人科医師が、せめて無罪の判決を得られることを信じ支援します。

それと共に、市民の医療問題への関心が高まることを望み、できるかぎりの努力を続けます。
birds-eye
2008/02/18 23:37
記事をこちら
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-630.html
に使わせていただいてありがとうございます。修正箇所を直しました。

医療問題への一般の関心が高まるよう、私もアイスゆずさんやbirds-eyeさんの助けを借りながらできるかぎりのことをします。
村野瀬玲奈
2008/02/24 00:29
こちらこそ、ありがとうございます。
 m(_ _)m
お手数をおかけしました。
アイスゆず
2008/02/25 00:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島大野病院事件2.18キャンペーン(*訂正あります) 誰に投票する?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる