誰に投票する?

アクセスカウンタ

zoom RSS あき様へ

<<   作成日時 : 2008/02/07 04:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

私、アイスゆずは、「薬害肝炎問題」にとても関心があり、何度も<白鳥一声>の管理人様に議論をしかけました。そちらの管理人様は、私の問いかけに答えて下さっただけなのです。また、そちらの管理人様は、以前から今回の和解について問題を指摘しておられ、もっと広く多くの患者が救済される方法を取るべきだったとおっしゃっていました。私の方が、「今回の和解は仕方がなかった」と言っていたのです。<白鳥一声>をよくお読み頂けば、「もっと広く、公平に、多くの方を救済するべきだ」と書かれていることが、お分かり頂けると思います。決してきれいごとの理屈だけではなく、広く多くの方の気持ちを考えた上で、書かれています。きれいごとばかり言っているのは、私、アイスゆずなのです。そちらの管理人様は、きれいごとばかり考えている私に、現実にもっと多くの方が苦しんでいることを考えるべきだと、教えて下さったのです。

こちらに書かれた、あき様のコメントを読ませて頂きました。

<白鳥一声>
薬害肝炎まとめ 9.マスコミ報道の偏り
http://8910-1000.at.webry.info/200802/article_2.html

薬害肝炎まとめ 3.弁護団も「正義」ではない
http://8910-1000.at.webry.info/200801/article_28.html

薬害肝炎まとめ 5.和解の弊害 〜医療崩壊と救済の不公平
http://8910-1000.at.webry.info/200801/article_30.html

私は、「薬害肝炎問題」について書かれた多くのブログを読ませて頂いています。カルテがない方のブログ、先天性の病気の方のブログ、輸血によって感染した方のブログも読ませて頂いています。みなさんそれぞれの複雑な思いを書いておられます。

そして、あき様のコメントを読ませて頂きました。

今回の事で一円の保証もされないのに保証されるんでしょう良かったねと言われる気持ち
悔しくて腹立たしい気持ち
私達証明出来ない人達は謝罪すらされないのに!
次から次へと謝罪要求する度に世間からは!一律救済なんだから!もう終わったと思われた
見放され見捨てられたと言う気持ち


何度も繰り返し読ませて頂きました。読ませて頂いて、あき様のお気持ちを感じます。私はウィルス性肝炎に感染していないので、あき様のお気持ちを全部分かることはできません。でも、何度も、読ませて頂きました。

私は、昨年10月に新聞記事で初めて薬害C型肝炎訴訟について知りました。それまで、ウィルス性肝炎についてほとんど何も知らなかったのです。その後、新聞やテレビでウィルス性肝炎患者の方のご苦労を知り、国の予算を使って救済されるべきだと考えました。

毎日のように、テレビでニュースを見て、新聞を読んで、考え、ブログで記事を書いてきました。どうしても救済されるべきだと思ったからです。そして、そちらの管理人様と、先日成立した特別措置法案について、また国会で審議される予定の、自民と民主の一般対策法案について、議論してきました。

今回の問題について、私のように、これまで「薬害肝炎問題」に全く関心を持たなかった一般市民に、大きな責任があります。もっと早くに多くの市民が関心を持てば、政治家がこの問題を無視できなくなり、もっと早く救済されたはずです。

原告弁護団は、国と製薬会社を相手に訴訟を起こしましたが、本当に戦っていた相手は、実は私のような一般市民の無関心だったのではないでしょうか。本当の敵は、一般市民の無知と無関心だったのではないでしょうか。

そして弁護団が、この無関心に勝つ戦略を立てたために、「線引きなし」「一律救済」「全員救済」などの言葉が踊ったのだと思います。

この戦略のために、あき様のような多くの方がとても傷ついたこと、コメントを読ませて頂いて、とても感じました。

私のように、ウィルス性肝炎に感染していない者が、この問題について述べる文章を読まれると、ご気分を害されるかも知れないと思います。

私は頭が悪いですが、このブログを色々な立場の方が読まれることを予想して書かせて頂きました。そして、もしかすると気分を害されることがあるかも知れないと思いました。それでも、ずっと「薬害肝炎問題」について書き続けてきた理由は、「無関心」こそが、一番の敵だと思うからです。

新聞でもテレビでも、カルテがない方、先天性の病気を持つ方、輸血や注射器の使いまわしによって感染した方など、他に多くの救済されない患者さんがいらっしゃるということを、報道しています。ちゃんとニュースを見て、新聞を読んでいれば、あき様に、「補償されて良かったね」などと声をかける人はいないはずです。やはり、無関心が一番の敵なのだと思います。

<白鳥一声>は、色々な立場の方がおられることを十分に考えて書かれていますが、私のように頭が悪い者が書いたブログは、様々な立場の患者さんが読まれたとき、気分を害されるかも知れないと思います。

もし、文章の中にご気分を害するような不適切な表現があるときは、具体的に教えて頂けましたら、すぐに直させて頂きます。

しかし「薬害肝炎問題」について、全く無関係の者がブログで記事を書くということを、どうかお許し頂きたいのです。理由は、無関心こそが一番の敵で、声をあげなければ救済が進まないと思うからです。私は、皆が関心を持ち、皆で知恵を集めて、多くの患者が救済されるべきだと思います。

この問題の一番の敵は、「無関心」だと思うのです。<白鳥一声>の記事は、無関心に勝つ武器になります。<白鳥一声>はよく書かれているので、様々な立場の方が、感心しながら読んでおられます。

これまであまり「薬害肝炎問題」に関心がなかった、という方も、<白鳥一声>の記事は、読んで下さいます。私のブログは気に入らないという方も、<白鳥一声>は読んで下さいます。

<白鳥一声>は、無関心と戦う武器になるのです。多くの肝炎患者の救済のために、この武器が必要です。多くの肝炎患者の救済のために、どうか<白鳥一声>がこれからも続いていくように見守って頂きたいのです。

<白鳥一声>をよくお読み頂けば、「もっと広く、公平に、多くの方を救済するべきだ」と書かれていることが、お分かり頂けると思います。決してきれいごとの理屈だけではなく、広く多くの方の気持ちを考えた上で書かれています。

きれいごとばかり言っているのは、私なのです。そちらの管理人様は、きれいごとばかり考えている私に、現実にもっと多くの方が苦しんでいることを考えるべきだと、教えて下さったのです。

あき様のコメントを何度も読ませて頂いて、あき様のような方のお気持ちを絶対に忘れないようにします。

今回の事で一円の保証もされないのに保証されるんでしょう良かったねと言われる気持ち
悔しくて腹立たしい気持ち
私達証明出来ない人達は謝罪すらされないのに
次から次へと謝罪要求する度に世間からは!一律救済なんだから!もう終わったと思われた
見放され見捨てられたと言う気持ち


多くの肝炎患者の救済のために、どうか<白鳥一声>を見守って下さい。
お願い致します。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
医療従事者の皆様へ 「薬害肝炎問題」について
医療従事者の皆様に、「薬害肝炎問題」について、ぜひ知って頂きたいことがあります。あき様という方がいらっしゃいます。あき様はC型肝炎の患者さんですが、投薬を証明できないので、先日成立した特別措置法案で救済されません。 ...続きを見る
誰に投票する?
2008/02/09 10:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ちなみに保証されるのでしょう よかったねと言う方々は 現在別の事で病院等に 行った際に 私のカルテを見てC型肝炎とわかるなり 私に言う方は 検査技師の方や医師ね方が!私に言った言葉ですよ!私が別の意味で怖いと思う事は患者に対して!こう言った発言を平気でして!患者の心を平気で傷つける方々もいれば 肝炎知識があるはずの産婦人科医師による差別的扱いをされて来たという!様々な知識がないが為にという事を散々経験しています。私の意見に対し真剣にコメントして頂けた事を心より感謝致します ありがとうございました。
あき
2008/02/09 01:01
あき様
私のブログを読んで頂き、本当に有難うございます。また、コメントを下さって、本当に有難うございます。
「補償されるのでしょう。よかったね」と言ったのが、医療従事者とのことで、びっくりしました。医療従事者ならこの問題に詳しいだろう、と思い込んでいました。あき様を傷つけた医療従事者は、あまりに無知だと思います。また、患者に対する配慮がなさすぎると思います。
また、「産婦人科医が差別的な扱いをした」とのこと、とても驚きました。絶対に、あってはならない事です。そのような医師は、医師の資格がありません。
あき様のコメントを頂き、とても勉強になります。あき様のコメントを、明日にでも記事に書かせて頂きます。
あき様へ アイスゆず
2008/02/09 02:44
あき様のコメントを読ませて頂いて、こちらの記事を書きました。
お読み頂けたらうれしいです。
http://39774186.at.webry.info/200802/article_12.html
上にトラックバックを送りました。
あき様へ アイスゆず
2008/02/09 11:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
あき様へ 誰に投票する?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる